予備校で目指す医学部

運動部のメリットとデメリット

運動部のメリットとデメリット

運動部のメリットとデメリット 勉強に忙しい医学部生が運動部サークルに入ることはメリットもデメリットもあります。
まずメリットは、良い気分転換になることです。
ただでさえ学ぶことや覚えることが多く、頭を使うことが多い医学部にとって学業の合間に体を動かすことは良いリフレッシュになります。
また、体力をつけられることも利点の1つです。
実際に医者として働くとなると通常の診療だけでなく夜勤や当直があることがあります。
学生であるうちに運動部で体力をつけておくと、実際に医者として活躍するときに大きな財産となります。
さらにサークル活動は一生涯の友人や仲間を見つける場所でもあります。
意外と縦や横のつながりが重要になってくる医者の世界において、同期だけでなう多くの先輩や後輩と顔見知りになれることは大きいです。
一方でデメリットは、勉強に割く時間が奪われることがあげられます。
活動の時間帯に勉強できないことはもちろん、備品や部費代などを稼ぐためにアルバイトをするとなるとどうしても余計な時間がかかってしまうからです。
利点と欠点を考えて検討することが賢明でしょう。

医学部で楽しく研究をしよう!

医学部で楽しく研究をしよう! 医師になるために医学部に入学して充実した生活を送っている人も多いです。
大学にはさまざまなサークル活動があります。
自分の趣味の世界や好きなスポーツをすることで、学生生活も充実したものになります。
スポーツが好きな人はテニスや登山、野球やサッカーなど熱中できるものを選ぶのも良いです。
医学部にも文化部があるので、本や演劇が好きな人はサークルに参加してみるのも良いです。
落語研究会や文芸部、小説を書いたり劇を発表したりする演劇部も人気があります。
中学高校時代に部活動があるように、大学でも放課後に熱中できるものを見つけておくと勉学以外のことで活動分野も広がり、友達ができたり人間関係の輪も広がります。
交流することは社会に出る前にとても勉強になります。
医学部に入り医師になる人にとっては、人と人との関わりが大切になるので良い経験になります。
自分が好きなことや趣味の分野を見つけることで大学生活を充実させることができます。

 

Copyright (c) 2017 予備校で目指す医学部. All rights reserved.