予備校で目指す医学部

医学部に入ってからの苦労

医学部に入ってからの苦労

医学部に入ってからの苦労 大学のなかでも最難関である医学部に入学することは非常に難関ですが、入学してからも多くの苦労があります。まず、勉強が大変です。日々、朝早くから夜遅くまで講義が続きます。生理学から化学、英語などさまざまなことを学び、マスターする必要があります。学んだことは医師として自立した後もきちんと覚えておかなければならず、知識不足は患者の命にもかかわりますので、責任が伴います。
また、医学部は勉強が忙しく、アルバイトなどをする時間がない、お金を稼ぐことができない、という点も苦労の一つです。裕福な家庭の学生ばかりではありません。アルバイトをしないと食事にも困るような学生も少なくはありませんが、基本的にはアルバイトをする、掛け持ちするなどということは勉学の妨げになって不可能です。
奨学金などでお金を確保しなければならない、ということもストレスとなり、つらいところです。日々、一生懸命頑張らないと医者にはなれないのです。

医学部で楽しく研究をしよう!

医学部で楽しく研究をしよう! 医師になれば安定して高収入を得ることができるため、医学部の人気は非常に高くなっています。しかし、高収入を誰もが簡単に得られるはずはありません。しっかりと努力をして、実力をつけた人だけが高収入を得られるのです。医学部の入学試験は、他の学部と比べて難易度が高いことで知られています。たとえば、英語の試験においては医学に関わる単語が多く登場するなど、特別な対策が求められるのです。受験予備校でも、医学部に特化した対策を取っています。

また、大学に入学するのが大変なだけでなく、在学中のテストも非常に大変なのです。毎日の授業を真剣に受けて、しっかりと復習しておくことが求められます。テストの前にも、十分な勉強をしなければなりません。中途半端な知識で臨んでも、高得点を取ることはできないのです。医学部は一般の学部とは異なり、6年間の大学生活を送ることになります。最終的な国家試験合格に向けて、在学中のテストも疎かにできないのです。

 

Copyright (c) 2017 予備校で目指す医学部. All rights reserved.